カテゴリ:REASON( 1 )

南極観測隊 「昭和基地」に納品

「南極観測船 しらせ」に直接納品して参りました。
2005年・2006年の越冬隊に向け、2年間お付き合いをさせて頂きました。
f0188657_17341159.jpg
写真:2006.10.31

f0188657_1740646.jpg南極観測の中心施設である「昭和基地」では、日本人以外にもロシアやドイツ等からクルーが集まります。
現地で活躍している方々に美味しい食事を提供する「隊員兼料理長」の藤沢さん(写真:上右)からのオーダーでした。
以前、藤沢さんはベルツのチーフとして勤めていた事があります。富士山頂の気象観測基地の料理長を経て、南極観測隊に入隊しました。f0188657_17411268.jpgテレマークスキーやパラグライダー等のアウトドアスポーツは、地元長野の志賀高原で習得したそうです。その経験と料理の腕を活かせる仕事の最終到達点として南極観測を選んだそうです。
「ベルツのソーセージでドイツのクルーをうならせてやりたい!」と電話で言われた時、全身に稲妻が走ったような感覚を今も思い出します。

極限の環境下、命を懸けて働く方々に少しでも良い食事を出したい。という彼の熱意に動かされました。
また「日本国をはじめ世界的な研究者達の役にたった」という達成感は何ものにも変えがたい喜びがありました。
f0188657_17433861.jpg

厳しい検査や手続きを経て、ベルツのハム・ソーセージは海を越え南極点で食べて頂きました。今後も積極的に取り組んでいきたいと考えております。
[PR]
by baeltz1989 | 2008-09-20 17:50 | REASON